教育を巣食う非常識・岡山市立御南中学校累計 本日

要求書

御南中学校 校長殿
御南中学校PTA会長殿

 

                          平成20年3月10日

保護者
TEL

 

 私の長男は平成18年4月に岡山市立御南中学校に入学した。今現在は2年生であり来年度は長女も入学予定である。長男が入学してから中学校にてあまりにも酷い事が続き、学校や教師に対しての信頼を持つことが出来なくなった。児童の学校生活において個人的な事で収まるとは思えず、他の生徒や父兄にも深いかかわりがあると思い中学校、PTAとしてどのようなことが出来るのかをPTA会員として問うてみたいと思っている。
大変多くの生徒が学校生活を送っているが、日々の中での数々のトラブルがあるのではないかと推測する。学校内でのトラブルがあっても基本的に個々の対応となるため父兄に情報が無い。下記の事例を情報公開することにより、より良い中学校が出来、生徒が安心して学校生活を送れる様また保護者が安心して子供を中学校に通わせる事が出来る事を望む。

1 今までの経緯   

M主任教諭(平成21年度1学年主任)
N体育教諭(平成21年度生徒指導主事)

1年生

平成18年4月
御南中学校入学。
担任は○○理科教諭。

平成18年6月
学校で左後頭部をフォークで刺され傷つく。
(○○理科教諭、M主任教諭、N体育教諭、家を訪ねてきた教諭)
当時教員に当方から提出した書類(別紙 1)に記載
この書類には4月からの経緯を書いている。
文書による回答を求めたが、回答は無かった。口頭で「中学校では授業中にしか教員は教室に居ません。現在は休み時間にもなるべく教室や廊下で子供たちの様子を見ています。」と言う内容の回答だった。

平成18年7月
テニス部、部活動中に右の手のひらを裂傷し病院にて縫合する。
ボールが渡り廊下の屋根の上に飛んだため、渡り廊下の屋根にのぼり滑って手を突いたところに錆びた金具があり怪我をした。
当方の子供だけではなく、1年生がボールを取りにいくことが日常化していたが、怪我をしてから以後は屋根にのぼって取りに行くことは無くなった。
学校からの連絡を受け家内が保健室に迎えに行くと養護教諭、M主任教諭、○○教諭が対応した。テニス部の顧問は居たかどうかさえ記憶に無く、その後も連絡は無かった。その場の簡単な状況説明で終わった。

平成18年10月
友達とふざけていて廊下で転倒し、壁で後頭部を強打し保健室で休む。
5日後の29日、夜に右手が痛くて動かないと言ったため岡山赤十字病院の夜間診療にかかりCT MRI画像診断を受ける。翌日岡山大学病院に入院する。
画像上の原因が特定できず、精神的なものではないかということになり、小児科の医師によりカウンセリングの結果、学校の国語教師である○○教諭の暴言が関わっていると分かる。このあたりの事は医師が診察して明らかになったものである。子供が退院し担任教諭を家内が学校に訪ねた。この時病院でのカウンセリングの結果に○○国語教諭が関係していることを伝えたが担任教諭からはいっこうに連絡も無く担任教諭から○○国語教諭に内容が伝わったかもまったく持って不明である。

平成19年1月
通学中に交通事故で左手首を骨折する。この怪我で体育の授業は見学となった。私の子供以外にも3名の子供が見学していた。その1名はフォークを刺した生徒だった。これらの生徒が見学となった理由をN体育教諭から翌日聞いたところ「体操服を忘れていたので体操服を忘れるということは、教科書を忘れたのと同じことだから授業を受けさせなかった」という事だった。その3名が怪我をしている子供のそばでボール遊びをしていて、ボールが骨折している手に当たり痛みを訴えたので翌日学校を遅刻して病院でレントゲン撮影を受けた。

2年生

平成19年4月2年生となる。
担任はN体育教諭

平成19年10月
喧嘩
当時教員に当方から提出した書類、他(別紙 2)に記載
診断書

喧嘩の仲裁に入った○○社会教諭から現状報告を受けた担任教諭は双方の生徒を呼び出し、「どうしてそんな差別的な発言をしたのか、先週差別問題について話をしたばかりだろう。彼に謝れ」と言う意味合いのことを言った。当方の子供は悔しさのあまり泣いて謝ったそうである。この日の夕方に担任教諭はわざわざ家を訪ねてきて「今日学校で当方子供が喧嘩になり差別的な発言がありましたので注意をしました」と報告した。家内も事情が飲み込めないため「どうして喧嘩になったのですか」と問いただしたところ「それはまた後日」といって帰った。私がその説明を受けて学校に電話をした。この時担任教諭に対して不信感があったため「学年主任は居られますか」と聞いたが席をはずしていたため担任教諭が電話に出た。どうして喧嘩になったのかも確かにしないでどうして一方的に謝らせたのかと問うたが明確な返事は返ってこなかった。
この後、当方の子供から事情を聞いたところ泣きながら「喧嘩になったのも全て自分が悪い」と言った。親としてはなんともいえない気持ちになり「最初からあった事を理路整然と話しなさい」と聞きながら別紙2が出来た。
殴られた事により顔も腫れていて頚部にかなり強い痛みを訴えたので岡山赤十字病院にて診察を受け診断書を作成した。頚部の強い痛みを訴え翌日は学校を休んだ。
翌日、担任教諭が訪ねてきて事情を聞かずに一方的に子供を攻めたことに対しては謝罪した。この時私は「本当は彼が外国人でマズイと思ったから一方的にこちらの子供を問い詰めたのではないか、本当に差別していたのは教師である貴方ではないか」と指摘した。二人の子供からは事情を聞いていたが、まったく違う内容だった。別紙2と診断書を持ち帰り関係した生徒から事情を聞くと言ってその日は帰った。
担任教諭が帰った後、子供に「君が言っていたこととかなり違うみたいだ。関わっていた二人はこんなことを言ったそうだ」と子供に言うと、友達に裏切られたと思ったのか何ともいえない悲しい顔をした。親としては心が痛んだ。
後日調べた結果を担任教諭が報告に来た。二人の子供は嘘の報告をしていたことが判明し、担任教諭が指導したと言った。持ち帰った書面の中に他の子供の名前もあったのでこれらの生徒からも事情を聞いたようである。しかし当方が我が子から聞き取った物とはかなり異なっていた。時間がたってから言質を取っているので信憑性は疑わしい。こちらは書面にして診断書まで提出しているにも拘らず、担任教諭からはなんら書面等による報告は提出されなかった。
「外国人の彼は中学からこの学校に来ていて小学校までは自国の学校だったと聞いている。日本語が出来ないのにどうして日本の中学校に入学しているのか、誰が許可をしたのですか」と問うたが明確な返事は返ってこなかった。「言葉がよく理解できないということは分かった上で入学させているのだからトラブルがあっても不思議がないと言う事を前提としていないといけないと思います。トラブルが起こったときどのような対応をするかと言う様なマニュアルはあるんでしょうね」と問うと「マニュアルなどはありません。教育をマニュアル化するとひとつの事でこーんな(親指と人差し指をひろげてみせて)分厚いものになってしまいます。ですから教育でマニュアル化なんてできません」と言う返事が返ってきた。当事者として今後御南中学校に通う生徒がこの様な思いをすることが無い様に、との思いからもう一度聞いてみた。「何を基準として話をしたらいいか分からないからマニュアルはいるんじゃないですか」と問うと「そんなことは出来ないと思います」としか返事が返ってこなかった。はっきり言って呆れてしまった。
生徒同士や教員とトラブルがあった場合、何をベースとして話をすればいいのか分からないし学校はどの程度のことまで関与し話をすることが出来るのかがはっきりせず、それに関わった教員の能力に判断が委ねられ異なるのであればそれはとても恐ろしいことである。

また、「相手の親御さんは、うちの子供が殴って当方子供は怪我をしているのではないか。どうであれお会いしたほうが良いのではないかと言っていましたが今回はお父さんがとても怒っていますのでとりあえず行かないで下さいと私のほうで止めています。相手の親御さんからは彼は大丈夫ですかと言う言葉がありました」と担任教諭が言った。
私が怒っていたのは相手の子供や親でなく担任教諭の取った言動に対してであり、相手の親が会いたいと言っているものをどうして止めるのか理解できなかった。

 この件においてこちらから学校側に「3年生になった時にこの外国人の子供と一緒のクラスにはしないでほしい」と要望を出した。この時担任教諭は「そういう風に言われると思いました」と返事をした。しかし本当の意味が分かっているのだろうか?喧嘩をしたからクラスを分けてほしいと言うのではなく、トラブルが起こってもマニュアルは無いと言うし、教員の対応が曖昧でハッキリしない為、こんな思いをするのは嫌だとの思いから出た言葉である。

 後日、この件に関わった生徒の一人が「ごめんな」と言って謝ってきたと子供から聞いた。「それでお前はどうした」と問うと「嘘をつかれた時は腹が立ったけど、今は一緒に遊んでいる」と言った。この言葉に親は安心したが「外国人の彼に対してはどうか」と問うと「あいつは絶対に許したくない。謝ってもこない。出来れば顔も見たくない」と言っていた。親だけでなく子供の心にも大変なわだかまりが残っている。初動の対応が悪いとこの様なところにまで歪がくると感じた。

 誤解があってはいけないのでここに記すが、国際化してきている現状で外国人の子供を受け入れることがよくないことであるとは思っていない。だが受け入れるのであればどの様なことにでも対応できる管理能力が必要ではないかと思っているのである。

書き足りないことはまだまだあるが以上が経緯である。

関わった当事者としては教員の対応に納得がいかず大変な我慢と苦痛があった。フォークで刺されたという事があった約1ヵ月後に吉備小学校内において刃物で刺したという傷害事件が起きている。これらの順番が逆であったならばこの中学校も報道されたのではないかと思っている。

 これらどの事柄にしても学校側の対応に誠意があるとは思っていない
喧嘩の件については上記で述べているようにどうして喧嘩になったかではなく差別的な言葉を発したから指導したというものだった。またこちらからは病院の診断書や書面を提出しているにも拘らず学校側からは書面によるきちんとした報告はない。まるで書面にして報告することを嫌うかのようである。(別紙 1)でも同様である。どのような経緯でこのような事が起きたかという事がまったく分からないし、後日内容が変わってしまっても不思議ではない。話し合いをした経緯や、結果を書類にしないのであれば意図的にその様にしていると疑わざるを得ない。また、この様な事は学校では日常茶飯事で教師が慣れ切っているのではないかとも思われる。

 

教員の管理能力の杜撰さ

 友人である弁護士に相談したところ、「学校側の管理責任を問えるところは十分にある」という返事だった。たとえば平成19年1月の骨折した手にボールが当たった件などは、「教員が体操服を忘れたのだから教科書を忘れたのと同じで授業を受けさせず見学させているが、自分のポリシーにおいてその様なことをしたのであれば石にかじりついてでもそれらの児童をおとなしく見学させておく義務が生じる。管理責任は十分にある」「これだけ短期間に沢山の事があれば子供にも親にも大変な負担が掛かっただろうし教員の対応は決して良いとはいえない」という返事だった。
事実この件で担任の○○理科教諭と体育教員の○○教諭が家に訪ねてきたとき、「このくらいのことで・・・」と言う態度に見えた。「交通事故で治療を受けていて全額相手方に治療費を持ってもらっている。この事で怪我が悪化した場合、事故の怪我だけではなくなるため料率が出てくることとなる。そうなると治療費も慰謝料も減額されることとなるがどこが責任を取ってくれるのか。学校か児童の親か貴方か誰になると思う」と問うたら初めて自分たちに落ち度があるという様な態度となった。

この体育教諭が2年生で担任となり今までの経緯をよく知っていると思い、親としてはかなり期待していた面もあったが喧嘩の時の対応で自分たちが甘かったと痛感した。
喧嘩の相手は外国人であって言葉も日本人のように理解できていないと思われる。日本人外国人に関わらず子供の世界のことであるから時には喧嘩にもなるかと思う。怪我など行き過ぎた面がない場合、間を取り持つ能力が教員には必要と思われる。

 外国人の子供の入学を誰が許可しているのかを知人に尋ねてみた。外国人登録をした外国人の子供は公立の小中学校に入りたいといえば入ることが出来ると言う物であった。許可したのは市の教育委員会だと思いますよ。と教えてくれた。
となればお役所仕事であればマニュアルは存在するのではないかと言う疑問が出てきた。これらの事については後日、教育委員会にでも問い合わせてみたいと思っている。ここでマニュアルがあるということになれば体育教諭が言っていたことはどういう事かと言う事となる。

 これらの経緯を持って私として学校は決して安全なところではなく、管理監督が出来ていないと考える。これらの事が私の子供だけに起きていることなのか、他の生徒でも起きているものなのか、情報が無いためよく分からない。我が家にだけにあるということであればこれらの経緯を踏まえた上でこれから先の対応を考えなくてはならないし、他でもあることであれば全体のこととして捉えていただきたい。
これまでの一連の出来事に対して当方の子供はあまり変わった様子を見せていないが、今までの経緯にも記してあるが、平成18年10月に岡山大学病院に入院した経緯があり今後もこの様な事があれば不登校及びあってはならない事だが自殺の様な行為に発展しなければいいがと危惧している。

質問事項

@教育とは非常にファジーな言葉であり、教育はマニュアル化できないといった教育の定義は何か?
A入学時から指摘しているトラブルを管理職である主任、教頭、校長は報告を受けているか?
B報告していないのであれば教員はなぜ報告しなかったのか?
C今まで起こって来た事の対応は杜撰な面が目立ち、教員の管理能力やトラブル対応の能力に欠けていると思われる。以上の事柄では本来どの程度の教員による関与が妥当なのか?
Dトラブルに対してのマニュアルはあるのか?あるのであれば教員はどの程度そのマニュアルを理解しているのか?また、それらを徹底させるためにどの様な対応をしているか?
E今年度は全学年を含めてどのくらいの数のトラブルがあったか?

今のままでは学校に対する不信感は大きく、またトラブルがあるのではないかと不安であり、安心して学校に行かせているわけではない。娘も来年度1年生になるがフォークのような事件がおきないかどうか心配している。今のままでは個人的にしかトラブルに対応しておらず親は追い詰められるような思いでいる。
個人的に対応するならば学校側にトラブルを処理する能力が無いと思われるので、何かあれば警察などの行政に頼ることとなる。それで当事者双方が話し合い謝罪等が必要であれば双方謝罪すればいい事である。また、学校の管理責任が発生したときには校長、岡山市との話し合いとなる。個人で対応するとなるとこの様な事かと思われる。また個人では知識や経験が少ないため専門家、関係各所に相談しホームページ、ブログなどを作成し幅広く意見を求める方法もあるかと思う。

 学校、PTAとしてこれらの事をどの様に考えていただけるか、3月19日までに書面にて返答を願う。

 追記

最近の当方の子供のことで気になることがある。2年生になって部活動に参加していないようである。部活動に参加していない事は2学期くらいから把握していた。教育者であれば以前からの事もありそのうちに顧問のほうから連絡があるのではないかと思っていた。当方子供になぜ行かないか理由を聞いてみると特定の同級生から悪口等の嫌がらせを受けている様である。別紙1の平成18年6月6日のところでテニス部で以前から当方の子供に嫌がらせがあった事は記載している。またかと言う思いが親としてみれば強くある。同年7月には縫合をしなければならないほどの怪我をしている。この時には顧問からは詳しい説明を一切受けていない。部活動を休んでいても顧問から父兄に対する連絡は一切なく今に至る。
学校は部活動をどの様に捉えどの様に指導しているのかを問う。

                        以上

PTAに対する質問

 2月に地区理事を決めるということで役員から電話があった。この役員は私が学校に不信感を持っていることは知る由も無いだろうし役員としての役目を果たしただけであるが、当方も今年度はPTAの役員をしており家内は仕事をセーブしてまで行事に参加していた。学校や地域に対して理解をしているからボランティアが出来るのであって役員をしていても学校からこの様な扱いを受けるのであればボランティア活動など出来ると思えない。くじ引きをしてでも決まったら役員をしなければならないと今の状態で言われると精神的にとても苦痛に思えた。また学校に対する不信感からPTAを脱会することも選択肢として考えた。
会に所属しているから会則に従わなければ成らないのであって、退会してしまえば従う必要はなくなるとの思いから退会を考えた。

 岡山県PTA連合会のホームページを閲覧していると「PTAとは」(下記貼付)と言う項目があり開いてみると「県内の各単位PTAに所属するPTA会員は岡山県PTA連合会の会員であり、PTAの目的に沿ってPTAに在籍している期間をもっと有効に活用し、子供の成長とともに健全育成を願い、学校教育を理解、支援し向上を目指し、自身の資質と家庭教育の向上を図ることが大切である。」と載せていた。
私はこれを読んで今の自分には今までの学校との経緯があり他の事は出来ても学校教育を理解、支援し向上を目指す事は非常に難しいと思った。

質問

@PTAは任意団体であるか否か?
A会則を見たが入会及び退会手続きが無いのはなぜか?
BPTAを退会するにあたり義務教育を受けている子供に何か不利益があるか?
C退会した場合、会費を給食費と抱き合わせで回収しているがどうなるか?

 学校、PTAとしてこれらの事をどの様に考えていただけるか、3月19日までに書面にて返答を願う。

 

                        以上

PTAとは

 

 

 

 

 

 

   
お問い合わせ | ©2009 Teranets Ink