教育を巣食う非常識・岡山市立御南中学校累計 本日

メモ(弁護士作成)

〜弁護士が用意してくれた資料〜

(一般論)

 ・「保護者の方からも意見を聞き、みんなで考えていこうという姿勢も重要であると考えています」

 ・「保護者の方が来校され、話し合いを希望されるときは、常に応じる考え」

 ・「学級懇談会、学年保護者会、PTA総会、PTA役員会、自由参観日等で情報提供・公開を行っている」

 ・それ以外でも話し合いの場を設ける用意はあると聞いてよいか

 ・今後どのように求めたら、どのような手順で、誰が対応してくれるのか

 ・今回のあらましについて新校長に詳細を引き継ぎ、その対応を約束してもらえているのか

***********************************

(話し合いの方法)

 ・前校長が3月に保護者父親が書面で提出した意見書に対して文書では回答しないとした理由は何か

 ・今回の調停では文書回答がなされているが、調停を起こさないと文書回答しないという趣旨か

***********************************

(長女の件)

 ・公表しない考えは変わらないのか

 ・その理由は以下の2点か

@「関係する生徒の全て」に公開されることによるプライバシー侵害があるのか


A結局今回の長女の被害事実の非公表は加害・被害生徒当事者らの公表拒否ではなく学校の「教育的配慮、公務員の守秘義務等総合判断」による

  • ではいかなる教育的配慮か守秘義務の内容は
  • 9月の教師に対する暴行事件に付いても公表しないのか。その理由は同じか
  • 問題点を抽出し、今後の同様事件の再発を防止するための知恵を絞るために必要かつ役立つ情報に抽象化して開示することで足りるはず。
  • 父兄は学ぶことができない
  • 情報を提供するかしないか、話し合いの「必要性」の判断は唯一人学校が行えば足りるとするのはおかしいではないか
  • 金銭賠償に応ずる必要がないとの考えの根拠は何か

 

 

 

 

   
お問い合わせ | ©2009 Teranets Ink